ずんのブログ

新潟県関連、趣味やお店情報、そして雑感

【旅行】カナダ 旅行前半:カナディアンロッキー観光

2日目は朝からバンフよりさらに西側へ(ジャスパー)側へ移動。

カナダグースというメーカーのジャスパーというアウターの由来は地名から来てたのね。ガイドさんの話によると、カナディアンロッキー含め、カナダ の冬は地区によってマイナス20度を下回るレベルで、家にはセントラルヒーティングのシステムが完備され、ある気温いかになると自動的にヒーターが入るシステムになっているとのこと。また、冬が寒い分アウターにも高い防寒性を求めているそうで、ダウンは序の口らしいです。それ故、日本じゃ暑すぎるとも言われるグースの羽毛を使うわけ。

アウターに10万円というと、日本だと高いイメージがありますが、カナダでは特に高級という値段ではない模様。むしろ、何年も着るので安いくらい。

この日の目的地は

・レイクルイーズ

・コロンビア大氷原

の2つ。

朝方バンフを立ち、ひたすらにジャスパー方面に向かいます。道路は日本の高速とほぼ同様な作りになっていて、信号もないのでサクサク進みます。両手に壮大な山々や氷河、湖などを眺めながらの移動なので、外を見ているだけでも全然飽きません。

まずはレイクルイーズ(上の写真)。国道を降りて少し山道を走るとすぐに到着。バンフからは約2時間程度。ガイドさんも言っていましたが、この日は奇跡的な良い天気でに恵まれ、水面がほぼ鏡状態。ウユニ塩湖ではありませんが、本当に上下がわからなくなるくらいの美しい風景でした。レイクルイーズのほとりにはリゾートホテルもあり、のんびり過ごすには良さそうです。

そこからさらにジャスパー方面へ向かうと、ついに見えて来ました、コロンビア大氷原。氷河という名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、実際に「乗る」という貴重な経験ができました。また、氷原の近くからは雪上車でアクセスするのですが、この雪上車も世界に8台しかない代物だそう。南極の調査に使われているのとも同じものだそうで、数少ないカナダ産の車。乗っていても、快適さは全くないですが、トルクの強さを感じる乗りごごち。

コロンビア氷河も、温暖化の影響か年々縮小傾向にあり、いつまで観光できるか不明だそう。地球の気象の異常をすべて温暖化に起因させる世間の論調には違和感を覚えますが、少し残念です。ちなみに、本氷河は年間数メートルという速度で移動しているとのこと。自然、恐るべしですね。

お昼は観光センター2階にてバイキング。微妙な味・・笑

こちらも、今回は幸運にも好天に恵まれましたが、悪天候でアクセスできずというのも日常茶飯事だそうですので、興味のある方はお早目に!

f:id:juntakahashi828:20181027190314j:plain

f:id:juntakahashi828:20181027202358j:plain

 

 

【旅行】カナダ旅行前半

冬場は直通便がないそうですが、現在、4〜11月まではカナダまで直通便があるそう。今回は10月の渡航だったため、カルガリーまでの直通便を利用。

成田空港から片道約10時間、日付変更線を跨いでの空の旅です。エアカナダはANAとのコードシェア便一つの定期航空便に複数の航空会社の便名を付与して運航される便)のため、こっそりANAマイルカードの所有者である自分は大量のマイルも併せてゲット。

話は飛びますが、空港だと「スターアライアンスメンバーがなんちゃら」「コードシェア便で運行なんちゃら」「共同運行がなんちゃら」と訳わからんですよね・・・。

少し調べて見ました(カナダ旅行から逸れてる??)

 

まず、アライアンスとは民間航空会社あいだの航空連合のこと。簡単にいうと、商店が集まって一つの商店街を形成しているようなもの。海外旅行を計画するときには日本からも行き先が世界各地にあって、各地に空港会社がある。行きたいところに日本のANAなりJALなりの乗り入れがあれば良いですが、ない場合には海外の航空会社を使わざるを得ないわけですよね。そうすると、申し込みも面倒、マイルも「使う航空会社独自」のものしかたまらん、となると利用する側からすると不便。

そのため、利用者側の利便性を考えている航空会社複数をまとめちゃいましょうというのがアライアンスという訳。日本だと、JALが加入しているワンワールドANAが加入しているスターアライアンスが有名ですね。

コードシェアといっても、利用している側からしてみると、ANAなりJALのマイルがたまる、程度のメリットかと。

 

話戻しまして、カナダ中央西側のカルガリーまでは片道約10時間。エアカナダのサービスに関しては、エコノミーの名前とおりという感じでした。ただ、機内食があまり美味しくなかったことが残念・・。途中で空席へのチェンジをお願いしましたが、快く対応してくれました。

映画も日本語対応があまりなかったため、ひたすら読書。こういう時、Kindleはすこぶる便利です。荷物も減りますしね。

 

カルガリー空港は国際空港だそうですが、到着のタイミング(日曜午後)もあってか、がらがらでした。カルガリーからバンフへの行き方は下記サイトを参照下さい。

www.asahi-net.or.jp

 

国道1号線をひたすらに西に走り、2時間ほどで到着。途中、カルガリーオリンピックの会場などが見られたり、馬などの動物も見られたり。ちなみに、バンフは国立公園のため、個人で行く方は入園料と滞在日数分の料金が必要とのことです。

道路の両側には延々と草原と林、地平線が広がっており、カナダの雄大さを感じつつの移動でした。バンフの国立公園に入ってからは、野生動物と車両との接触事故を避ける目的から、道路の両サイドに身長の高さくらいのネットが延々と張り巡らされています。ちなみに、ネットは目に見えているだけではなく、穴を掘っちゃうお茶目な動物対策として、数十センチ根入れしているとか。

さらに面白いのが、道路上の敷地境界にテキサスゲートという特殊な構造が取られていること。これは、簡単にいうと単管を横にして隙間を開けながら並べたようなもの。こうすることで、蹄のある動物がそこを通ることができなくなる、という仕組み。

さらなる環境対策・動物の対策として、数億という単位を賭けて獣道を整備しています。国立公園内を走っていると、山も何もないところに突然トンネルが出現しますが、これはトンネルの上が獣道になっている地点とのこと。ちなみに、以前はコスト削減のために道路の下をアンダーパス状にして獣道を整備したそうですが、クマや鹿など、警戒心の強い動物は利用しなかったため、お金を賭けて今の形式にしたそうな。

きちんと整備をした後も、その効果を測定し、効果がなければ次の対策を打つ。PDCAというか、なんとなく「動物対策してあげてますよ〜」的な感覚論で終わることなく、本気になって動物のことを考えているのがわかるエピソードですね。ちなみに、クマさんはこんな対策をしても、道路を横断する獣道を使うまでに8年もかかったそう。身体はデカいのに、ビビりなんですな。

下は、バンフの街中をぶらついたときに撮影したもの。日本との時差が15時間ということもあって、身体的には少ししんどかったですが、観光欲には勝てず、街中をぶらぶら。バンフの市街地はボウ川とカナディアンロッキーに囲まれていて、どこを見ても絵はがきのよう。標高を高く、空気も澄んでいます。

写真は、特殊な設定もせず、古い一眼レフで風景撮影のオートモードで撮影したオリジナル写真ですが、それでもこの空の青さとくっきり感。空気の澄み具合も少し感じていただけるかと。本当に、肺が綺麗になりそうなほど空気が澄んでいました。

この日は、ツアーにアルバータ牛の夕食がついていたので、遠足のように皆でご夕食。巨大な茹でたポテトがまるまる付いており、さすがカナダ という感じ。噂のアルバータ牛は、赤身がメインの少し淡白な味わい。個人的には好きでしたが、周囲の意見を聞くと、特に柔らかい肉になれた方には少し不評だった模様。

※ちなみに、この日から怒涛のポテト攻撃が始まることを知る由もなく・・笑

 

そんなこんなで、初日が終了。続きはまた後日!

f:id:juntakahashi828:20181022174710j:plain

バンフ街中から5分ほど歩いたトレイルから撮影した山。10月の頭に、街中でも50cm程度の積雪があったとのこと。

f:id:juntakahashi828:20181022174718j:plain

国立公園の管理事務所からバンフの目ぬき通りを望む。真ん中にボウ川を跨ぐ橋があり、その奥に2km弱のお土産店が軒を連ねております。

 

 

 

【旅行】カナダ 横断旅行

以前、写真家さんの本でカナディアンロッキーのについて書かれているのを目にして、行きたいと思っていた土地。今回、たまたま一週間くらい休みが取れたので勢いよく?行って見ました。正直、結構コストはかかりましたが、結果としては行って大正解でした。決まり文句の用になってしまいますが、雄大な自然が体験できたこと、アジア・ヨーロッパ・アメリカとは異なった文化も経験できたことが大きかったです。

自分としては珍しいですが、諸事情で日本からの添乗員さん付きのツアーに参加。

内容としては、成田からカルガリーに飛び、そこからバンフというカナディアンロッキー観光拠点の街に宿泊しつつ、湖、山、大氷原を見学。

その後、カルガリーから国際線でトロントまで行き、今度はナイアガラを観光。最後にトロントからモントリオールに飛び、ローレンシャン高原とケベックシティを観光するという割りかし忙しい?8日間のツアー。ツアーなので、飛行機・バスに乗せられ、移動し、ご飯を出され・・・と受動的な感じは否めませんが、参加者も自分が一番年下、かつ穏やかなご夫婦が多かったこともあり、いろいろな意味でも楽しい旅行でした。

よかった点
・犯罪等に巻き込まれるリスクが極めて小さい
・衛生的で、なんと水道水が飲める
・カナダ人のパーソナリティも比較的日本人に近い
・自然が豊かでのんびりできる
・日本ではなかなか見られないスケールの自然、建物が見られる
・植民地だったこともあり歴史は浅めだが、異国文化との融合された独特な文化がある
悪かった点
・日本との時差が大きい。ほぼ昼夜逆転
・観光地が国中に点在しており、移動が大変

・物価が結構高い。日本と同等、もしくは1.2倍くらいな印象。

 

詳細は今後つらつらと書いて行きます。カナディアンロッキー観光で見た湖です。湖面が綺麗すぎて、鏡のようでございました。

f:id:juntakahashi828:20181022112853j:plain

 

 

【映画】アイアムアヒーロー

漫画で途中まで読んで「グロ!」と思って途中で止まっていた作品ですが、アマゾンプライムでサーフィンをしていたら映画が公開されていたので鑑賞。

 

漫画家のアシスタントとして働く鈴木英雄は、漫画の新人賞を受賞はしたものの、その後は鳴かず飛ばず。夢ばかりを追い足元を見ない姿に、同棲している彼女も呆れ気味。

ある日、ゾンビウイルスが蔓延し、漫画家アシスタントの仲間、彼女、市井の人々、皆ゾンビになっていく。猟銃を所有している英雄は、途中、女子高生の有村架純と共に、「高いといころは感染がない」という情報を元に富士山に向かう。

富士山の麓にあるアウトレットには、ゾンビに囲まれながらもバリケードにより区画されている人間の集団がいた。トップの一人を中心にまとまりを見せていた集団も、恐怖は人を狂わせる。

集団にいた長澤まさみ有村架純、主人公の大泉洋はそこからの逃亡を試みるが・・・結果はいかに、というストーリー。

 

細かいところは色々な変化球があると思いますが、ゾンビ映画によくあるストーリー。

身近なところから徐々に感染→逃亡を図る→ボスを発見、そして倒す→無事生還

バイオハザードも同じようなプロットですが、時代に関わらず人を惹きつけるのかも。

キョンシーなり、死霊のはらわたなども有名ですが、なんとゾンビ映画は1930年代からあった模様。

 

ちなみに・・・

創作などでは「無差別に人間を襲う腐敗した死体」として描かれることが多いが、本来は西アフリカやカリブの民間信仰ヴードゥーまたはブードゥー)の司祭によって呪術で蘇らされた「奴隷化された死体」を指す。

とのこと。完全に捜索された像なのかなと思っていたら、民間信仰にルーツがあったのですね。そして、「人を襲う」というよか「奴隷化」が本質(アンチ人間の親玉がいる前提)というのが意外でした。

有村架純長澤まさみの美人さ・可愛さも堪能したい人に 笑

ちなみに、ネタバレを避けますが今話題のカメラを止めるな!も似たようなテーマを扱っています。

【寿司】立ち喰い寿司恵比寿

頻繁には行かなくてもいい、でも時々無性に爆食いしたくなります。

会社に終わりに飲みに行き、呑むと炭水化物が摂取したくなる、でもラーメンは重い・・そうだ、寿司を食べようという流れで、今回もお邪魔してきました「立ち喰い寿司恵比寿」さん。もう何回行ったかわかりません・・笑

 

22時頃の来店でしたが、カウンターはほぼ満席。ラッキーなことに入り口の近くのテーブル(立ちですが)が空いていました。

このお店はシステムが面白く、入場料として1000円払うとお寿司に飲み物が安くいただけるというシステム。握りも親方が目の前で調理してくれ、そのまま出してくれるにもかかわらず、一番安いネタだと100円台からあるというリーズナブルさ。

寿司のサイズは普通よりやや小ぶり、と行った印象ですが、シャリに比べて若干ネタが大きめ、かつ新鮮なので色々な種類が値段をあまり気にせず食べられます。今回も、イワシにタコにとろたくにと色々頼みましたが、個人的には青魚系がお気に入り。

特にイワシは4カンもいただいてしまいました。

 

親方の人柄も素敵で、ニコニコしながらいろいろなことを話してくれました。日本酒も500円出せば、結構大きめのグラスで並々注いでくれるありがたきシステム。

美味しいお寿司をリーズナブルにいっぱい食べたい方、激おすすめ!

(ちなみに、お店は3時頃まで営業しているそうなので飲みの締めにも。面白い人たちに出会えるかも・・笑)

 

【居酒屋】喜庭 東口店

このブログ書いてる人はやっすい居酒屋しか行かんのか?と疑いの目を持たれても残念なので、財力のあるところを見せつけるがために、ちょっとお高めの店に行って見ました。すみません、会社外の方のご接待用に使用させていただいただけでございます・・

 

仙台駅東口を出て徒歩5分。

ヨドバシカメラの道路挟んで向かいの区画、新寺郵便局の近くにあります。その名も

「極・鮮菜 喜庭 東口店」キッテイと読むそうです。

今回はトータルの人数が10名近いこともあり、離れの個室を予約。メインの入り口に向かって左手側に最大15名程度収容可能な、掘りごたつ式の和の個室があります。(当日知りましたが、掘りごたつ式といえども微妙な深さ。足を完全におろせるでもなく、掘り込みが30センチくらいなので、微妙に座りずらい・・)

今回は6000円の飲み放題付きのコースをチョイス。

小皿のちょっとした前菜に始まり、お刺身、白身魚の揚げ物、牛タン焼き、肉豆腐、締めのそば、デザートのアイスとそれなりの値段がするだけあって盛りだくさんというかレパートリーが多い感じ。どれも量的には少しずつなので、女性の方でも問題ないかと。飲み物も飲放題に日本酒3種類が含まれているのもgood。あと、店員さんもテキパキ動いてくれるので、離れと言えどもそんなに待つことなく、サーブされてきます。

掘りごたつの深さだけが残念・・・笑

東口側も地下鉄東西線の影響もあってか、少しずつ面白いお店が増えてきている印象です。また開拓に行きたいところ!

【居酒屋】仙台和酒バル エンチュウ(EN-CHU)

金曜の仕事終わり、先輩と2人で飲みに行くかということになり、イロハ横丁へ。

あまり馴染みのない方も多いですが、仙台街中のアーケードの片平近くにある横丁で、両サイドに小さな店舗の特徴的な居酒屋が軒を連ねています。おでんやだったり、スナックだったり、見た目がレトロだったり。ぶらぶらしているだけでも楽しいです。

以前、ネットサーフィンをしていたら横丁に燻製と干物が特徴とのお店があることをちらっと見かけた記憶があり、今回はそのお店EN-CHUさんへ。

おしゃれな外観のお店のドアを開けるとすぐ5席くらいのカウンターがあり、カウンターの奥には2階に続く階段があります。2階のスペースも、一般住宅の屋根裏部屋程度の大きさで、4人掛けのテーブルが3つ程度。ちょっとうす暗くて、しっぽり飲むのに良い感じの雰囲気。

メニューの値段は普通の居酒屋と変わらずと言ったところで、ビールで400〜500円、日本酒がグラスで500〜600円と言ったところ。

お通しは秋刀魚の煮付けと南蛮味噌。秋刀魚の煮付けがしょっぱ過ぎず、甘すぎず、かつ脂が乗っていて美味で思わず3回もおかわり笑 肝心のメニューは、店舗のサイズが限られていることもあり、少なめな印象ですが、その分特徴が出ています。魚系と燻製、焼き物系が充実しています。

面白そうだったので、鯖の干物の燻製、ソーセージ(の燻製)、ポテサラを注文。あと、無茶振りしたらお寿司を作ってくれました。

どれも美味で、ホッとするような安心する味付けでした。マスターとママさんの人柄もgoodでくつろげます。噂では?もともとマスターが社員、ママさんが雇われ店長のような関係だったそうですが、マスターが独立(夫婦)して、最近オープンという経緯をたどってきたとの事です。

くつろぎながらしっぽり飲みたい人へ!

 

https://tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4019117/

 

【ランチ】伝説のステーキ屋 仙台名掛丁店

久々に金曜に休暇をゲット。

仕事の時間帯に仙台の街中をぶらつくことなどほとんどありませんが、以外に人が多いことにびっくり。大学生、高校生、買い物のおばちゃん、サラリーマン風の方。(かなり主観的ですが)仙台もまだまだ元気です。

午後2時頃散髪に行った帰り、ランチをまだすませてなかったので、友人から紹介してもらった、「伝説のステーキ屋」へ。大層なお名前・・笑

名掛丁のおお通り沿いにあり、伝説のすた丼のビル2Fです。少し入口が分かりづらいかもですが、すた丼店舗の正面左手側に小さめの入口があります。

tabelog.com

 

入店時間が3時近かったこともあって、お客さんは自分以外2組。

ステーキ屋なだけあって、ステーキやハンバーグのラインナップが強いですが。鳥肉系の料理もあったり、フレンチトーストの付いているレディースセットがあったりで面白いです。いきなりステーキと比較した時のこの店の特徴は、スープとライス、カレーが食べ放題なのと、ソースのバーがあること。

定番のステーキソースの他に、すりおろしにんにくや大根おろし、フライドガーリックや刻みネギの薬味系に加え、ソースもボン酢や醤油の他、トマトであったりチリソースだったり、複数あって面白いです。こういうバー形式で自分で好きなように選べるのって、たくさん食べるわけでないにしても、なんかワクワクしますね。

 

今回はランチセットで、カットステーキ100gとハンバーグ150gのセットを注文。

注文から5分ほどで出てきました。鉄板には、コーンとインゲン、もやしがトッピングされています。

肉自体、THE定番という感じで歯ごたえのある赤身肉で、ハンバーグはジューシーです。結構なボリュームですが、ソースで好きなように味付けを変えられるため、変化球を楽しみ続けているうちに食べ終わる、そんな感じです。

今回、カレーは食さずコンソメスープのみいただきましたが、隣でカレーを食べてるおっちゃんは、美味しそうに食らっておりました。

アーケードのいきなりステーキは毎日のように混雑しておりますが、トータルでみると本店も全然負けておりません!

肉をいっぱいくらいたい方は是非、チャレンジして見てください!

 

 

 

【書評】This is water / David Foster Wallace

変なタイトルの本だな・・というのが第一印象でした。

恐らく多くの方も同じような感想を持つのではないでしょうか?

 

新聞の書評欄を見ていたらふと目に入った本書。アマゾンで調べて見たところ高評価&入荷待ちとなっていたこともあり、読書欲のままに書店で購入しました笑

 

David Foster Wallaceという自殺してしまった作家が、2005年のケニオンカレッジの卒業式に招かれた際のスピーチを収録したものです。

スピーチなだけあって、文章量は少なめ。文庫サイズにさらに余白を多くとってあるので、20分もあれば読了できます。そして、読了と同時にタイトルの意味が分かります。

 

鬱を患い、人生に思い悩み、苦しみぬいた末に自ら命を絶った著者が、生前に周囲の人々に伝えたかったことの要諦は、「自分の殻に閉じ篭るべからず」ということ。

 

疲れているのに大渋滞にはまったり、早く帰りたいのにレジの前の人がもたついていたり・・・そんなことでイライラした経験、数えきれないほどありますよね。

でもそれって、なんでイライラするのでしょう?もうオートマチックに(無意識に)なってしまってますが、そんなことで気分を害して時間を過ごすことって、きっとすごく勿体無い。けど、大半の人は、そこに疑問も持たずイライラを当たり前のことと思ってしまう。著者はきっとそこに警笛を鳴らしたかったのかと。

大渋滞で隣になったクルマは、実は子供が急病で急いでいるのかも知れない、レジに並んでいる人も、自分より疲れているかも知れない。少し立ち止待って考えれば、もしかしたらより良い人生がおくれるかもしれません。最後に、本書でささったフレーズを引用して終わりにします。

 

ほんとうに大切な自由というのは

よく目を光らせ、しっかり自意識を保ち

規律を守り、努力を怠らず

真に他人を思いやることができて

そのために一身を投げ打ち

飽かず積み重ね

無数の取るに足りない、ささやかな行いを

色気とはほぼ遠いところで

毎日続けることです。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B00FOR2BDI/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

【ランチ】GEA0053@寒河江

3連休最終日、奥様が「行きたい&連れてけ!」とのことなので、ランチのために少し遠出。山形県寒河江にある、「GEA0053」さんにお邪魔してきました。

仙台駅から山形までは、下道があるけど山道、高速もあるけど少し迂回するルートになってしまうので、宮城県川崎のインターから高速へ。片道1時間半程度でした。

 

インターを降りて寒河江駅の近くまで車を走らせると、それっぽい石蔵造りの建物が線路沿いに2棟。街全体の雰囲気がモダンな感じではないこともあってから、朱色の屋根とベージュの石とが空間に絶妙にマッチして降ります。恐らく、結構古い時代に作られたものではないかと。

 

11:30頃からの予約(時間帯指定)。

店(蔵)内は天井が高く空間が全体的に広々ととってあり、開放感があります。梁や桁の木材もそのまま出ていて、野性味溢れてます。

ランチのメニューはシンプルに1500円のコースで、メイン料理(パスタ、リゾット)と飲み物(コーヒー、紅茶、オレンジジュースなど)を選べるシステム。300円の追加で前菜がグレードアップできます。

前菜は山形県産の野菜を使ったサラダ。オクラやカリフラワーのピクルス、キッシュ、ハムがちょこちょことお皿に並べられています。全部一口で食べ終わるくらいの大きさですが、どの素材もきちんと味があり、一口ごとに驚きがあります。

メインにはチーズのリゾットを注文。これがまた美味で、濃厚な溶けたチーズを咀嚼して食べてると勘違いするほどに濃厚。ラグー豚のハムも入っていますが、これもかなり煮込まれており、一体化してます。

デザートはほうじ茶のプリン。これまたほうじ茶風味のプリン、というよかきちんとほうじ茶の主張があります。最初はプリンの甘さが勝りますが、飲み込んだあとは、まるで濃厚なほうじ茶を飲んだかの様な感じです。

前菜と一緒に出されるフォカッチャも秀逸。

人気店なのがわかるクオリティでした。

ちなみに、雑貨店や服やも併設してます。(一般庶民にはなかなか手の届かない値段設定ですが、見るだけでも面白いです笑)

 

 

casabrutus.com