ずんのブログ

新潟県関連、趣味やお店情報、そして雑感

【観光】ニッカウヰスキー宮城峡蒸留所

仙台市から48号線を山形方面にひた走ること数十分、緑の山々に囲まれた場所にレンガ作りの蒸留所がポツンと。

www.nikka.com

 

愛子の方に所用で行った際、せっかくだから行ってみようと思ってふらっと立ち寄ってみました。結果、大正解でした笑

行ったのは土曜日の午後だったのですが、人が多過ぎて見れない!とか、全然人いなくて気まずい!と行った事もなく、外国人の方数名も含めての見学ツアーがスタート。所要時間、約60分。ありがたーい試飲付き。

 

マッサンをご覧になられた方はご承知の通り、本蒸溜所は竹鶴政孝余市の次の候補地として築いたもの。政孝は元々、国内に複数の蒸溜所を持つことを夢としていたようで、いわば夢を叶えた蒸溜所ってわけですね。

ツアーは、原料からウイスキーの製造工程を順に見ていく流れ。最初に麦芽を乾燥させるキルン塔に始まり、麦汁、発酵、蒸留、熟成と進んでいきます。

 

ウイスキーの製造工程は、途中まではビールと同じ。

まず、大麦を発芽させて、良い具合のところで乾燥させ成長を止めます。その後、乾燥させた麦芽モルト)を砕いてお湯と混ぜ、麦に含まれるデンプンを糖化、糖を発酵させてアルコールに転化という流れ。面白いのは、麦芽自身にデンプンを糖化させる酵母が入っているということ。植物学、生物学的に、自分の持っている栄養分を分解する酵素を持っているとはどういう意味があるんでしょうね。

蒸留させずにホップで香り等を付けたのがビールになります。また、グレーンウイスキーやらモルトウイスキーやら、〇〇ウイスキーといろんな種類がありますが、〇〇には主原料が入ります。モルトであれば麦芽、グレーンの場合はトウモロコシ等も混ぜているそう。

蒸留した出来立てのスピリッツは荒々しくて美味しくないので、ホワイトオークで作った樽に詰め、熟成の工程に入ります。熟成中、年間2%くらいのペースで蒸発していってしまうそう。この減った分を天使の分け前(エンジェルズシェア)というそう。なんかオシャレ。

 

一通り製造工程を見学したあとは、お土産コーナーが併設された試飲場所へ。

スーパーニッカ、宮城峡、さらにはアップルワインが飲めます。

あまり今まで飲み比べ的なことはしたことがなかったど素人ですが、スーパーニッカと宮城峡、確かに香りが異なりました。宮城峡はどちらかというと少し甘めの香り、スーパーの方は、THEお酒って感じの強さのある香りでした。

同じような材料、工程で作っても、微妙な材料の違い、天候の違いもありますし、ブレンダーの好みによっても性格が変わるそう。うーん、奥が深い。

 

居酒屋でも、ビール、焼酎、ワインに引けを取らないくらい、最近はハイボールが人気ですね。ハイボールも要はウイスキーの炭酸割りなので、色々とウイスキーの違いがわかるとより楽しめそうです。

少し勉強してみようかな・・笑

ウイスキー好きの方はもちろんですが、自然に囲まれていて空気もいいですし、建物の外観を見るだけでも楽しめます。ちょっと遠いですが、興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

 

f:id:juntakahashi828:20190317192046j:plain

ニッカウヰスキー宮城峡蒸溜所


 

 

 

 

 

 

【書評】超効率勉強法DaiGo

ニコニコのDaiGoチャンネル「心理分析してみた」も登録し、ちょいちょい出版物も購入し、で信者(弟子?)になりつつありますw

ニコニコの放送でも勉強法は結構な回数取り上げられていて、内容をまとめて本にしたら売れるだろうと思ったら案の定書籍化してました。

個人的にDaiGoさんはきちんと科学的な背景を用いて説明をしてくれ、その背景・根拠まで示してくれる(科学論文では当然のことなのですが)ので、信頼の置いている著者の一人です。

ウィルパワー(意思の力)は数年前まで枯渇すると考えらえれてきたのですが、最近の研究ではどうもそうじゃないんじゃないかという説が有力になってきたそうです。その事も、「以前の著作にはこう書いてしまったけど、現在は〜」と、フラットに受け入れ、フォローするあたりも(本人は科学者ではありませんが)見習うべき姿勢かと。世の中には、以前自分が導いた結論を死んでも曲げない、加えて他の説は一切聞く耳を持たない方もたくさんいらっしゃるので・・・。

 

 

前置きが随分長くなりましたが、本書はそんな放送の中から、勉強法に関する科学的知見をまとめて紹介しているもの。旧態依然とした教育界の常識からはだいぶ外れており、「なんで今まで教えてくれなかったんだよ・・」と思わずにはいられない内容です。詳細は本書に譲りますが、アンダーライン然り、授業の直後の復習然り・・。

思わず興味をそそられる内容はたくさんあるのですが、今回は勉強法の要諦をご紹介。効率的勉強法の核はズバリ、アクティブすぎるほどのアクティブラーニング、だそうです。

日々の勉強の中に

①想起

②再言語化

の2つを取り入れることがキモで、多少ずれていても、この2つを頻繁に繰り返せる勉強法であれば基本的にOK。

①想起

・クイズ化:読んでいる内容を自らクイズにして、思い出す

・間隔練習:時間を置いて復習して、思い出す

・チャンク化:意味をまとめてグループ化して、思い出す

②再言語化

・自己解説:自分で自分に解説する

ティーチングテクニック:他人に解説するつもりで読む、理解する

・イメージング:他人の議論などをイメージして、理解を促進する

受験前に知っていたら・・・と思わずには入られません泣

勉強に関わる全ての人に!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07NYWPLDG/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

【メモ】人前で話すときの不安への対処法

後輩、同僚への説明は問題ないにしても、上司、学会等に説明、発表する時ってやっぱり緊張してしまいますよね。

・頭が真っ白になったらどうしよう

・予想していない質問が来て、答えられなかったらどうしよう

・厳しい指摘を受けたらどうしよう

・・・等々。自分よりネガティブ(?)な人だと、パワポがうまく動かなかったらどうしよう、というところまで気にかけている人もいるそう。って言っても、こういった心配すべき事項って、いたずらに不安になることなく、一つずつ対処をすれば「立派な準備」ですからね。

 

またしてもダイゴさんの動画からの抜粋ですが、人前で話す機会に不安を感じた時は、

”この緊張は、体にエネルギーを送っているための反応なんだ”

という風にリフレーミングすることが大事だとか。

これまで経験則で言われてきたこととしては、人っていう漢字を手に書いて飲んでみたり、リラックスと自分に言い聞かせたりと、どちらかというと不安を押さえつけようとするもの。そうではなく、受容・ポジティブな反応(実際にそう)に変換すること。

例え話で出てましたが、上手なスカイダイビングのプロも同じようにリフレーミングしてパフォーマンスを上げているようなです。

科学的にそういうのが解き明かされていくのって面白いですね。

【ガジェット】Oura Ring

ただの指輪やんけ、と侮るなかれ。

近年の科学技術の進歩は目覚ましく、こんなただの指輪っぽいものでも立派なウエアラブル端末なのです。

 

ouraring.com

 

以前、Daigoさんの動画を見て気になっていて、年末に注文していたのがやっと届きました。結局、注文してから9週間くらいかかりました・・・欲しい方はお早めに。

で、なんなのこれ?って方が多いかと多いますが、指にはめて生活すると

  1. ストレスからの回復
  2. 睡眠スコア
  3. アクティビティ

が計測できる、というもの。科学論文でも測定の正確さが保証されていて、要は指の根元の血流を図るものだそうですが、その変動で上記の項目がわかる、という仕組み。

iPhoneにアプリをダウンロードすると、毎日10時頃に報告してくれます。

なんとなく時計とも見比べつつ生活をしておりますが、印象としても睡眠トラッカーとして優秀(正確)です。また、仕事のことで悶々としていたり、心拍が早くなったりしたこともちゃんと記録されていて、日々、アプリで注意を促してくれるという。

また、長時間座り続けていると、”立ち上がって、膝伸ばして!”という、ありがたき注意喚起までしてくれるという・・人間様より優しい 笑

ガジェット好きにも、睡眠の質に悩む人にもオススメです。

正確に図るって大事ですね。日々記録を取ることで、例えば飲酒なり運動なりストレス・不安がどの程度睡眠の質に影響を及ぼしているかがわかったり、日々新たな発見があります。

 

【映画】七つの会議 池井戸潤

半沢直樹空飛ぶタイヤなど、企業にまつわる大ヒット小説をたくさん発表している池井戸潤さんの小説の映画化。半沢直樹のドラマも一時期大ブームになりましたので、これは見ねば!ということでTOHOシネマズに突入してきました。

午後からの開演で、スタート10分前くらいについたのですがほぼ満席。良い席で鑑賞したい方は、少し早めの席確保をオススメします。

 

舞台は東京建機という会社。親会社のぜノックスという大企業があり、主にそこの製品の営業販売を担っている営業課で発覚した不祥事を巡る物語です。

営業一課で飛ぶ鳥を落とす勢いで成果を上げていた坂戸課長は、同課のぐうたら社員八角にイライラが募り、ついには爆発させてパワハラ問題にまで発展。でも、あれだけ成果を上げている課長だから処分は甘いだろうという雰囲気を裏切り、坂戸は左遷に加え行方不明となる。

坂戸の代わりに営業一課の課長となった原島はそのことを疑問を感じ、庶務をしている浜本とともに、八角さんの素性を追い始める。そこで彼らが気づいてしまったのは、坂戸が会社の存続に関わる規模の超大規模な不祥事であった(ねじ強度の偽装問題)。ただ、もっと深掘りしていくと、不祥事の根本は坂戸ではなくさらに上の・・・と黒幕が明らかになったところで物語は終わります。

 

エンディングの国土交通省の取り調べで、主人公の八角が語った

「偽装は無くならない」

というのが物語を通して池井戸さんが訴えたかったことかもしれません。

雪印の食中毒、自動車会社の燃費偽装を始め、昔から数年に一度は大企業の不祥事が明らかになり、大問題となります。企業のトップを含め、隠蔽がどれだけ社会的なインパクトがあるかは、言葉にするまでもなく皆が痛感しているところ。それでも、ちょっとした出来心のデータの偽装や嘘偽りが雪だるま式に大きくなり、公表するにはインパクトが大きすぎ、結局は隠蔽というお決まりとなってしまった轍を辿ってしまう企業が後を絶たないのでしょう。

はたから見ていれば「なんて馬鹿なことを」と片付けてしまいがちかもしれませんが、自分が似たような立場になった時に、本当に「神に誓ってこんなことはしない」と言い切れるでしょうか。

自分のことを身を粉にして守ってくれた上司に、少しでも良い思いをしてもらいたい・安心してもらいたい、これだけ苦労をしたのだから、少しくらいいいだろう・・・魔が差す、というのでしょうか。人間誰しも弱いもの、社会人の皆、同じ状況になる可能性はゼロではないんだろうな、と鑑賞しながら思ってしまいました。フィクションですが・・

一つ苦言を呈すると、八角の昔の心の傷をもっと丁寧に描写すべきだったかと。ぜノックスの副社長の梨田からの厳しいノルマの下、老夫婦に無理やり商品を売りつけ、その老人が自殺をしてしまったから、こんな無理やりな営業はしたくないのだ!というつながりなのですが、その出来事と現在のグータラスタイル、自分に正直に生きるスタイルへのつながりが少し飛びすぎかなぁという印象です。

といっても、それを差し引いても十二分に面白い作品でした。池井戸作品は間違いないですね。

nanakai-movie.jp

 

 

 

【書評】進化する勉強法 竹内龍人

和田秀樹に始まり、東大合格者や弁護士が著者の勉強法の本。高校受験の際には結構読み込み、読んだことを盲目的に信じ(何せ、著者が皆高学歴だから・・)受験勉強に勤しんだものです。結果、大学には無事合格できたからよかったものの今振り返るとどれだけ効率的に勉強出来きていたのかは不明なところです。

 

本書は、心理学的な実験から「効果アリ」と認められた勉強法をこれでもか!というくらいに紹介してくれたものです。根拠となった実験の概要まで紹介してくれていて、さすが大学の先生・・という印象。本書を読むと、いかに他の勉強法が個人的な体験・経験によって効果があったっぽいものを自信満々に述べているかがよく分かります。

実際、同じ受験を2度、異なる勉強法で勉強して臨むというのが不可能なので、定量的な心理学的な実験が重要になってくるわけですね。

本書の中から、個人的に刺さった内容を抜粋してご紹介。

 

・集中学習は効果が薄い

授業でなった内容は、その日のうちに家に帰ってすぐ復習しましょう!何度も再読して、教科書の内容を頭に入れましょう!なんてことは教育界の常識のようになっておりますが、実験結果からすると、効率の悪い勉強法の一つ。

短期記憶にある内容を何度も引っ張り出してきても、覚えた(長期記憶化した)と思い込んでいるだけで、実際にはすぐ忘れてしまう模様。それを防ぐためにも、忘れかけた頃に苦労して思い出す、「分散学習」が効果的。

・ランダムさが鍵

例えば、数学でいうと1つの分野ごと着実にマスターして・・・という積み重ねを意識するよう指導されてきます。確かに理解するためにはある程度時間をかけて集中的に学習することが不可欠のようですが、少しでも身についたら分野を限定せず「ランダム」に勉強すべきとのこと。体にスキルを身につけさせる場合も同じだそうで、ゴルフでも、ドライバーをずっと練習して、飽きたらアイアンに〜というのではなく、いろいろな種類の練習を最初から交互に行う方が効率が良い。そうすると、各練習を客観的に見られるようになるし、応用力がつく。

・褒め言葉の掛け方に注意

「頭いいね!」って、褒め言葉として何も間違ってないと思ってました。でも、結果やその人の能力を褒めることを繰り返すと、やがてモチベーションが下がり、不正を働く可能性も高まる。それゆえ、褒めるときは「頑張りやプロセス」を褒めるべし。

 

エビデンス大好きな方には激しくおすすめです!

 

https://www.amazon.co.jp/進化する勉強法-漢字学習から算数、英語、プログラミングまで-竹内-龍人/dp/4416619545/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1550897666&sr=8-1&keywords=進化する勉強法

【書評】進化する勉強法 竹内龍人

和田秀樹に始まり、東大合格者や弁護士が著者の勉強法の本。高校受験の際には結構読み込み、読んだことを盲目的に信じ(何せ、著者が皆高学歴だから・・)受験勉強に勤しんだものです。結果、大学には無事合格できたからよかったものの今振り返るとどれだけ効率的に勉強出来きていたのかは不明なところです。

 

本書は、心理学的な実験から「効果アリ」と認められた勉強法をこれでもか!というくらいに紹介してくれたものです。根拠となった実験の概要まで紹介してくれていて、さすが大学の先生・・という印象。本書を読むと、いかに他の勉強法が個人的な体験・経験によって効果があったっぽいものを自信満々に述べているかがよく分かります。

実際、同じ受験を2度、異なる勉強法で勉強して臨むというのが不可能なので、定量的な心理学的な実験が重要になってくるわけですね。

本書の中から、個人的に刺さった内容を抜粋してご紹介。

 

・集中学習は効果が薄い

授業でなった内容は、その日のうちに家に帰ってすぐ復習しましょう!何度も再読して、教科書の内容を頭に入れましょう!なんてことは教育界の常識のようになっておりますが、実験結果からすると、効率の悪い勉強法の一つ。

短期記憶にある内容を何度も引っ張り出してきても、覚えた(長期記憶化した)と思い込んでいるだけで、実際にはすぐ忘れてしまう模様。それを防ぐためにも、忘れかけた頃に苦労して思い出す、「分散学習」が効果的。

・ランダムさが鍵

例えば、数学でいうと1つの分野ごと着実にマスターして・・・という積み重ねを意識するよう指導されてきます。確かに理解するためにはある程度時間をかけて集中的に学習することが不可欠のようですが、少しでも身についたら分野を限定せず「ランダム」に勉強すべきとのこと。体にスキルを身につけさせる場合も同じだそうで、ゴルフでも、ドライバーをずっと練習して、飽きたらアイアンに〜というのではなく、いろいろな種類の練習を最初から交互に行う方が効率が良い。そうすると、各練習を客観的に見られるようになるし、応用力がつく。

・褒め言葉の掛け方に注意

「頭いいね!」って、褒め言葉として何も間違ってないと思ってました。でも、結果やその人の能力を褒めることを繰り返すと、やがてモチベーションが下がり、不正を働く可能性も高まる。それゆえ、褒めるときは「頑張りやプロセス」を褒めるべし。

 

エビデンス大好きな方には激しくおすすめです!

 

https://www.amazon.co.jp/進化する勉強法-漢字学習から算数、英語、プログラミングまで-竹内-龍人/dp/4416619545/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1550897666&sr=8-1&keywords=進化する勉強法

【書評】大人はもっと遊びなさい 成毛眞

マイクロソフト元代表取締役だった成毛眞さんが、趣味や遊びについて語った本。

特に真面目な人は、「趣味」というと人に誇れる立派なものを、とか恥ずかしくないものを、とか色々と考えてしまい、心から楽しいと感じられないようなものでも趣味にしてしまう傾向があるが、もっと楽に考えましょうという示唆を与えてくれる本。

 

例えばゲーム。スマホゲームなんぞ、子供の遊びや!とか時間の無駄じゃ!と思っている方は多いかもしれませんが、現代のゲームのクオリティたるや、芸術作品レベルだったりします。レゴだったり、プラモデルしかり。大人と子供なんて区別せずに、特に自分が昔はまっていたけど、大人になってやめてしまったことなんて、再トライする価値があるかもしれません。

本書の中で面白かったのは、趣味を個人の楽しみとしてクローズさせずに、どんどん発信していきましょうという点。ブログやSNSに書いてみることで、自分の脳の整理にもなるし、知らない人へのアピールにもなります。場合によっては、周囲に声をかけてみることで、一緒に楽しめる仲間ができるかも。

趣味の名前もより細分化してみようというのも面白いアイディア。例えば、読書というのではなく、文庫本サイズのノンフィクション、といった風により絞って極めにいってみる。そんな人、なかなかいないので、その世界でレベルが上がれば専門家づらもできるってもんです 笑

 

自分の周りを見ても、心から没頭できる趣味がないと悩んでいる人って、意外と多いような印象があります。そんな人にぜひ!

 

https://www.amazon.co.jp/大人はもっと遊びなさい-仕事と人生を変えるオフタイムの過ごし方-PHPビジネス新書-成毛-眞-ebook/dp/B01J3KMAKU/ref=sr_1_10?s=books&ie=UTF8&qid=1548940570&sr=1-10&keywords=成毛眞

【書評】ミライの授業 瀧本哲史

京都大学の准教授である著者が、日本の各地で中学生に向けて行った講演の内容をまとめた本。本自体む中学生向けに作られており(14歳)難しい漢字にはふりがなが振られており、かつ字も大きめなのでサクサク読めますが、大人が読んでも楽しめる一冊なので、紹介させていただきます。

タイトルから推察できるかもしれませんが、内容としては未来を担う中学生に偉人のエピソードを紹介しつつ、彼らが「偉人たる所以」をエッセンスとして抽出し、教えるという内容。ニュートンを始め、最近ノーベル賞を受賞し有名になった大村智さんまで、業界問わずで紹介されていて、興味をそそられます。

ただの偉人の伝記にとどまらず、彼・彼女らが成功できた理由、逆に才能に恵まれつつも失敗してしまった事例も紹介し、若い人たちが未来を生きる上で気をつけるべき点についても注意喚起を図っています。

 

個人的に面白かったのは、ナイチンゲール

イメージで過酷な環境に自ら飛び込んで、たくさんの戦争負傷者の手当をし、命を救った白衣の天使だと思ってましたが、それは彼女の本の一面を写しているにすぎません。もっと大きな功績は、戦死者の死因を冷静に統計を用いて分析し、戦争の負傷よりも環境が悪いことが死者数増加につながることを証明し、国を動かしたこと。

目の前の患者を直接手当し、命を救うことも尊い行為なことに違いありませんが、結果として彼女はより多くの人を救うことになりました。当時、看護師という職業を蔑むような空気があったことも知りませんでした。

で、こういった紹介で終わってしまっては「この人すごいなぁ」で終わってしまいますが、本書の優れた点は、そのエピソードから「成功の本質」を抜き出してわかりやすく説明してくれていること。

ナイチンゲールの例で言えば、冷静に死因を分析し、統計を駆使して国まで動かした点。目の前のことにとらわれず、ちょっとした疑問でも突き詰めて、結果国まで動かしたことが着目すべき点ですね。

子供に限らず、大人にもオススメです!変な自己啓発本より、本書の方が・・笑

www.amazon.co.jp

【メモ】ニセ健康法

これまた、一部DaiGoさんのニコニコ動画より抜粋(マニア化してる・・?)。

以前エントリーしたスキンケアとも重複する部分があるのですが、多くの人は、自分も含めて「よく調べずにメディア等で流れた情報を鵜呑みにする」ことがよくあるかと思います。一つ一つ丁寧に根拠まで遡っていたら、忙しい現代人にはそれこそ時間が無限にあっても対処できなくなってしまいますので。

健康食品は、その最たる例の一つかと思います。

・トクホマークがついていれば、国も認めているんだし安心

・精白したものはよくないから、全粒粉にしよう

・油はよくないから、ノンオイルドレッシングを使おう

グルテンは悪!糖質は悪!

等々・・・

ちゃんと調べてみると、自分がいかに表面的な情報に踊らされていたかがよくわかります。ちなみに、動画では

・ドライフルーツ

・ノンオイルドレッシング

・マーガリ

・全粒粉

はよろしくない、とされております。その根拠等はぜひ、動画をご覧ください。

よりよく生きる上では、知は力なり、でしょうか。